9月病に気を付けて!

ひだまり鍼灸整骨院のヒラです。

早いもので9月に突入しました!

今年も残すところ1/3です。ここから更に加速度的に時間が経つのが早く感じるんですよね。

 

さて、そんな「9月」の名前が入った病があります。その名も「9月病」(そのままですね)

8月のお盆休みや長い夏休みを取った後に、日常的な社会に戻ることで生活リズムの調整がうまくいかず、ストレスが溜まり、心身に不調が現れる事があります。

9月は気温や日照時間の急激な変化もありますし、台風なども頻繁にやってくるので、睡眠を十分に取れなく、ストレスが溜まり頭痛やめまいなどの不調を引き起こすことがあります。

 

<主な9月病の身体症状>

不眠・過眠・頭痛・動悸・食欲不振・肩こり・怠さなど・・・

 

<主な9月病の精神症状>

無気力・不安感・疲労感・落ち込み・焦りなど・・・

 

上記の症状から”うつ病”を引き起こし、仕事や日常生活への影響が大きく出る場合があります。

 

対策としては、日常生活の基本的な「食事」、「運動」、「睡眠」を整えていくことが大事です!

 

○栄養バランスの取れた食事を心がける

○適度な運動を行う・・・簡単なストレッチやウォーキングからスタート!

○睡眠不足に注意・・・就寝前のスマホやテレビは脳が興奮して寝付けなくなります!

 

規則正しい生活を取り戻しても、なかなか症状の改善が見られない場合は、早めに専門の精神科や心療内科に相談してください。

 

夏バテも気にしつつ、気温の変化による自身の体調の変化にも注意していきましょう!

 

このブログは柔道整復師の平林が監修いたしました。

スタッフblog (カテゴリー:スタッフblog
Instagram
エキテン