足関節捻挫からの早期復帰には

捻挫 フリー画像 に対する画像結果

どーも、いのじいです。

今回は足関節捻挫から早期に運動復帰するには?

についてご紹介いたします。

スポーツ現場においてメジャーな足関節捻挫ですが復帰にあたっては初期治療が重要となり

「いかに腫れを抑えるか!?」がポイントです!

そのためにもなるべく早く応急処置「RICE」をおこないます。

*R・・・安静

*I・・・冷却

*C・・・圧迫

*E・・・挙上

特に「I」冷却と「C」圧迫が重要!

 

1、圧迫 足を伸縮テーピングで固定をした状態で「冷却」へ

          ↓

2、冷却(アイシング)は痛みを軽減し内出血も抑える効果があります。氷のうやビニール袋に氷を入れてタオルを巻いたもの、氷水のはったバケツを用いて、一回20分を目安にある程度痛みが感じなくなるくらいを目安に行います。

          ↓

3、テーピングをまき直し再度圧迫固定を行う。(パットを使いくるぶしを圧迫)

パット例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捻挫は初期対応でそのあとの患部の具合は大きく変わっていきます。試合中でそのままプレーを継続した場合などは腫れが大きくなる可能性が高くその後の回復も遅れてしまいます。

早期復帰できるようにするには早急な処置をおすすめいたします。

また、それでも腫れが強く出てきた場合は医療機関の受診を早めにしてください!!

 

このブログは柔道整復師 平林幸二 が監修しております。

スタッフblog (カテゴリー:スタッフblog
Instagram
エキテン