熱中症に気を付けましょう

こんにちは

ひだまり鍼灸整骨院の杉山です

 

 

 

お盆明けは熱中症に特に注意が必要な時期の一つです

 

熱中症対策をきちんとして、暑い夏を乗り越えましょう

 

 

 

 

 

 

 

【対策1】 水分、塩分をこまめに補給しましょう

喉が乾いていなくてもこまめに水分を取りましょう

スポーツドリンクは塩分や糖分が含まれており、スムーズに水分を吸収できます

 

【対策2】 食事、睡眠をしっかりとりましょう

夏バテで食欲がなくてもなるべくバランスの良い食事をとりましょう

寝てる間もエアコンや扇風機を適切に使い、睡眠中の熱中症を防ぐと同時に

翌日の熱中症を予防しましょう

 

【対策3】 気温と湿度を気にしましょう

屋内では日差しを遮ったり、風通しを良くすることで

気温と湿度が高くなりすぎるのを防ぎましょう

 

【対策4】 こまめに休憩をとりましょう

暑さや日差しにさらされる場所での活動等では、こまめに休憩を取り

無理をしないようにしましょう

水筒等を持ち歩き、気付いた時にすぐ水分補給できるようにしましょう

 

このブログは柔道整復師の平林が監修しています。

スタッフblog (カテゴリー:スタッフblog
Instagram
エキテン