夏本番!家事で忙しくなると辛くなりますね

ひだまり鍼灸整骨院のヒラです。

 

梅雨も明け、夏の暑さが厳しくなる一方の今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

学生も今年は短い(?)夏休みに突入し、お家で家事をしているお母さんたちも普段よりも忙しい毎日を送っているかと思います。

 

暑さで汗をかく量も多くなり、洗濯物の量も増えてしまう。いつもよりも洗濯機が回る回数も増えていませんか?

多くの洗濯物を干したりすると、肩がこったりるすと思います。

 

今回は「肩こり」についてです。

 

そもそも「肩こり」がなぜ起きるのか?

①姿勢・・・猫背の人は頭や腕を肩の筋肉で支えないといけないので、負担が大きいです。

②血行不良・・・長時間、同じ姿勢でいると、筋肉が緊張し、筋肉の血行が悪くなります。

③冷え症・・・体が冷えると自然と硬くなるので、筋肉が緊張するとともに、血管が収縮して血行が悪くなります。

④ストレス・・・ストレスを感じると、筋肉内の血管が収縮してしまい、血行が悪くなり筋肉に老廃物がたまってしまいます。

 

この状況を我慢していると・・・さらに筋肉が硬くなり、血行が悪くなるので「肩こり」がもっと酷くなります!

 

予防するためには、定期的に運動して、「肩こり」をほぐすとともに、『筋肉』をつけることが大事です!

『筋肉』がつくことで、心臓から送り出された血液を手足の先まで届かせるために、『筋肉』が血管をポンプしてくれるようになります!

『筋肉』は、心臓をサポートして全身に血液を巡らす重要な役割を担っています。

 

暑さ対策を十分に行う必要がありますが、暑いからと言って、部屋に籠ってばかりでなく、時間帯を朝夕にしたり、水分補給の飲み物を持参したり、いろいろと工夫して、少しでも体を動かしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑いけれども、運動した後は気持ちがスッとしますよ!!

 

 

このブログは柔道整復師の平林幸二が監修したしました。

スタッフblog (カテゴリー:スタッフblog
Instagram
エキテン