‘スタッフblog’ カテゴリーのアーカイブ

家でも出来る簡単なストレッチ紹介(下半身編)

緊急事態宣言が解除されて2週間が経ちました。

まだ完全には落ち着かず、第二波なんて呼ばれる状況にならないように、今まで同様に個人個人で予防していく事がもとめられます。

「3密」には気を付けましょう!

 

宣言は解除になりましたが、まだ自宅で仕事を続けていく方も多いと思います。

長い時間座りっぱなしですと、お尻が圧迫され続けたり、足を組み替えたりする事が多くなると思います。

そうなると出てくるのが坐骨神経痛です。

 

坐骨神経痛の症状は様々ですが、一般的にはお尻からモモ裏にかけての痛みを伴うことが多いです。

また症状が悪化してくると、ふくらはぎまで痛みが出てきますので注意してください!

 

今回は座ったまま出来るストレッチの第二弾で、下肢の方をお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 仰向けに寝まて両ひざを立てます。

2 片方の足をもう片方の膝に乗せます。

3 息を吐きながら太ももを引き寄せます。

(横になっている足を胸に近づけるイメージで!)

お尻の筋肉の伸びを感じながら30秒から1分くらい伸ばします。

両足とも2~3回行いましょう!

 

日中だと、忙しさでつい忘れてしまいがち。

でも、これだと”仰向け”になるので、寝る時や起きる時にやれるので忘れる可能性が低くなります!

特に起床時に行うと、寝ている時に固まってしまった筋肉がほぐれるので、朝の不調の解消につながります。

ぜひ朝に腰がつらいと思う方はやってみて下さい!

 

このブログは柔道整復師 平林幸二が監修いたしました。

(カテゴリー:スタッフblog

ランナー膝予防ストレッチ

こんにちは、いのじいです。

まだまだ自粛が続き運動不足による体調不良なども心配されますねソーシャルディスタンスに気を付けてのランニングなどで適度な運動をとっている方も多いと思います。

アスファルトでのランニングは膝への負担も大きくなり筋肉疲労蓄積からバランスを崩し膝痛の原因ともなりえます。

膝痛でも膝の外側に生じるもの(まれに股関節の外側にもでることあり)を「ランナー膝」(腸脛靭帯)といいます。

 

                                              腸脛靭帯は膝を伸ばした時は大腿骨の前方に、曲げた時は後方に移動し 腸脛靭帯は膝を伸ばした時は大腿骨の前方に、曲げた時は後方に移動します。この移動の際に大腿骨の外側のでっぱり部分にこすれて炎症をおこします。

 

 

 

 

予防には、大臀筋と大腿筋膜張筋のストレッチが重要で股関節の柔軟性も大事です。

 

 

 

 
 
 
         

 

さらにシューズやランニングコースの見直しも大事になります。

上記ストレッチ他以外にもオーバーユース(使いすぎ)には気を付けてランニングをしましょう。!(^^)!

 

(カテゴリー:スタッフblog

5月キャンペーンやっております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、こんにちは!

ひだまり鍼灸整骨院のタマです。

GWに入りましたね、皆様いかがお過ごしでしょうか?

このご時世、外出自粛要請が出ておりますので、家にいる方が多いと思います。

ですが、家で大人していても体の免疫力が上がるという訳ではありません。

なので、当院で体を整えて免疫力を上げていきませんか?

幸いにも、ウチはGWもやっております!

(GWの旗日は9時~17時までです)

そしてお知らせですが、5月はキャンペーンをやっております!

当院で行っている骨盤・猫背の矯正法と楽トレの単発のお値段が非常にリーズナブルになっております。

骨盤・猫背 ¥4400→¥2750 

楽トレ ¥4400→¥2750

(5月中は何回でもOK。ただし、お支払は現金のみとなっております)

この機会にぜひ皆様お試してみてはいかがでしょうか?

(カテゴリー:スタッフblog

家でも出来る簡単なストレッチ紹介(上半身編)

こんにちは。ひだまり鍼灸整骨院のヒラです。

外出を自粛するように皆様が気を付けていると思います。

ただし、家の中で過ごす時間が長くなると、体を動かす時間も少なくなってきます。

 

なので、今回は家で出来る簡単なストレッチをご紹介します!

 

まずはストレッチの効果ですが、

1 ケガしにくくなる

2 疲れにくい体をつくる

3 冷え・むくみ予防

4 姿勢改善

5 リラックス効果

 

筋肉を伸ばすことで血管へのポンプ作用が生じて、血流がよくなり、老廃物が洗い流されて、酸素を含んだ血液が行き届くことで、体の状態がよくなります!

 

寝る前に行うことで、寝つきが良くなるのは5の効果によるものですね。

冷え性の方には、同時に寝ている間の冷え予防にもつながるので、行う時間帯としては、寝る前は一つのポイントとなります!

 

 

今は自宅で仕事をしている方も多いと思いますので、今回は座っている時間が長くなってしまったときに、行うと効果的なストレッチを何点がご紹介いたします。

 

1 首のストレッチ

 

まずはパソコンなどの画面を見ていると疲れる代表格の首から!

首のストレッチは前後左右への倒し動作があります。

無理せずにゆっくりと力を抜いて倒すようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

横方向に倒す時に、倒す側の手で頭を倒すようにすると、より効果的です!

 

 

2 肩のストレッチ

 

同じ姿勢を取り続けるとコリが出る代表格ですね。

 

ここでは”肩甲骨はがし”の運動をお伝えします!

 

まずは肩を回します。(前後に5回ずつ回します)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両腕を胸の高さで左右に開き、腕をグッと上に伸ばします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は胸の高さで開いたまま、上体を左右に捻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は両手を後ろ手に組み、上に引っ張り、そのまま左右に捻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで1セットです。

まずは3~5セット行うようにしてください!

かなり肩周りが軽くなりますよ♪

 

上記のストレッチはどちらも座りながら出来るので、在宅ワークの合間に是非行ってみてください!

 

このブログは柔道整復師 平林幸二が監修いたしました。

(カテゴリー:スタッフblog

シンスプリント予防には?

 

 

どーもいのじいでず。
今回はシンスプリント(正式な診断名は脛骨過労性骨膜炎)予防についてのお知らせでず。

「すね」の内側の痛みで走ったり、ジャンプしたりする事の多い人、またそれらの運動を始めたばかりの人に起こりやすい特徴があります。

*痛みのレベル

レベル1 痛むが運動で治る。

レベル2 運動中は痛みないが運動後に痛みが再発。

レベル3 運動中も痛みが出る。

レベル4 常時痛む、通常歩行にも支障あり。

レベル3以上は運動中止が必要です。

このような症状が出ないよう予防が大事になります。

 

 

シンスプリント

扁平足になり足のアーチが機能不全をおこすため、ふくらはぎ(腓腹筋・ヒラメ筋)の硬さや働きを改善する事が大切です。

ふくらはぎ・足裏の硬さがポイントになります、

走りすぎなど(オーバーユース)による事が多い為、疲労ためない、早期回復のためにもストレッチ、足裏マッサージが有効です。

 

「腓腹筋・ヒラメ筋ストレッチ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・反動をつけずにいた気持ちいいぐらいを30秒程度キープしましょう。

 

 

「足裏セルフマッサージ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・イタ気持ちいい程度で行いましょう座ってゴルフボールを足裏で転がすのも良いです。

 

このブログは柔道整復師 平林幸二 が監修しております。

(カテゴリー:スタッフblog

さくら鍼灸整骨院 橫須賀院がオープンします!

こんにちは!ひだまり鍼灸整骨院です!

 

さくらメディカル整骨院グループから新しい院がオープンします。

名前→「さくら鍼灸整骨院 橫須賀院」

場所→橫須賀 汐入駅 コースカベイサイド ストアーズの中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンに先立って、コースカベイサイド ストアーズのオープン日の24日から3日間(24,25,26日)無料体験会を行います!

長年、お身体の痛みがあるけどなかなか良くならない、良くなっても戻ってしまうなどのお悩みはございませんか?

そのような何が原因で今の痛みがあるのかという不安にもしっかりと一緒に検査やお話をし、解決をしていきます。

施術前と施術後で変化を感じられると思いますので、ご自身の身体について悩みがございましたら是非お越し下さい!

 

この無料体験会は各日50名様限定ですのでお早めに連絡をお願いいたします。

お待ちしております(^^)

 

飯田

 

このブログは柔道整復師 平林 幸二が監修しております

(カテゴリー:スタッフblog

根本からもアプローチしていきます!

ひだまり鍼灸院のたまです。

当院では「なんでそのような症状になってしまったのか?」根本的な原因にアプローチする施術をしております。

それが矯正法です。

矯正って聞くとバキバキしたりボキボキするようなイメージってあると思います。

でも当院ではそのような事はいたしません。

体の骨格が歪むのも筋肉の緊張が関係している事から、筋肉にアプローチしていく方法をとっています。

なので、年齢を問わず誰でも受けられる、安心の矯正法です。

そして、矯正法にも2種類あります。

1つは猫背矯正です。

猫背が気になる方はもちろん、首肩こり、四十肩・五十肩の方などにお勧めです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あともう一つは、骨盤矯正です。

骨盤の歪みが気になる方(産後のママさんなど)、姿勢が気になる方、腰痛、首肩こりなど色々効果があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根本から良くしていきたい!そう思う方は矯正法も試してみて下さいね!

 

 

このブログは柔道整復師 平林 幸二 が監修しております。

(カテゴリー:スタッフblog

新型コロナウイルス感染予防対策について

当院では、新型コロナウイルス感染防止策の実施・強化をしております。

 

感染症における対策を徹底しておりますので、安心してご来院ください。

スタッフ全員がマスク着用・消毒液の定期使用にて診察対応を行わせていただきますので、予めご了承ください。

 

感染防止対策は以下になります。

 

・37.5度以上の発熱、咳などの風邪症状や息切れなどの症状はご来院・施術をお控えいただいております。

・使い捨てのフェイスシートを使用

・枕・胸当ては使用後に消毒液にて拭き取り

・施術者は毎朝、検温を実施の上、体調管理を徹底

・施術者は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒を実施(アルコール消毒)

・スタッフ全員がマスク着用・消毒液の定期使用

・1日複数回の院内換気の実施

・14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国した方、新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方は必ず事前に最寄りの保健所に相談の上、指示を受けてください

 

ご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

(カテゴリー:スタッフblog

交通事故でのケガで通っている方も多いです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひだまり鍼灸整骨院のヒラです。

当院では交通事故でケガを負ってしまった方の施術も対応しております!

 

「自賠責保険」を使用して整骨院でも0円で施術が受けられますので・・・

・お仕事が終わるのが遅くて整形外科の治療が受けられない。

・休みの日しか通えない。

など、やむを得ない理由で施術が受けられないのであれば、ぜひ当院へご相談ください!

事故による体の不調を残さないためにも、早期の施術をオススメ致します。

 

整形外科との併用も可能ですので、お気軽にご相談ください。

保険会社とのやり取りも当院スタッフが代行致しますので、安心してお任せください。

 

・事故にあったけど何処に行ったらいいか分からない。

・周りで事故にあって困っている方がいる。

などのお悩みがございましたら、是非当院に一度ご相談ください。

 

 

このブログは柔道整復師 平林幸二 が監修しております。

(カテゴリー:スタッフblog

足関節捻挫からの早期復帰には

捻挫 フリー画像 に対する画像結果

どーも、いのじいです。

今回は足関節捻挫から早期に運動復帰するには?

についてご紹介いたします。

スポーツ現場においてメジャーな足関節捻挫ですが復帰にあたっては初期治療が重要となり

「いかに腫れを抑えるか!?」がポイントです!

そのためにもなるべく早く応急処置「RICE」をおこないます。

*R・・・安静

*I・・・冷却

*C・・・圧迫

*E・・・挙上

特に「I」冷却と「C」圧迫が重要!

 

1、圧迫 足を伸縮テーピングで固定をした状態で「冷却」へ

          ↓

2、冷却(アイシング)は痛みを軽減し内出血も抑える効果があります。氷のうやビニール袋に氷を入れてタオルを巻いたもの、氷水のはったバケツを用いて、一回20分を目安にある程度痛みが感じなくなるくらいを目安に行います。

          ↓

3、テーピングをまき直し再度圧迫固定を行う。(パットを使いくるぶしを圧迫)

パット例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捻挫は初期対応でそのあとの患部の具合は大きく変わっていきます。試合中でそのままプレーを継続した場合などは腫れが大きくなる可能性が高くその後の回復も遅れてしまいます。

早期復帰できるようにするには早急な処置をおすすめいたします。

また、それでも腫れが強く出てきた場合は医療機関の受診を早めにしてください!!

 

このブログは柔道整復師 平林幸二 が監修しております。

(カテゴリー:スタッフblog
Instagram
エキテン