(変形性)頚椎症

加齢性の変化であり、生理現象ではあるのですが、

頚椎(けいつい)の骨棘(こつきょく)(とげ状の突起)形成、

椎間板(ついかんばん)(椎体と椎体の間にあってクッションの役割をしている)の変性、

靭帯(じんたい)の石灰化・骨化などによって、頚椎の可動性や重量のある頭部や腕を支えるといった機能の低下、

脊髄(せきずい)から出て肩や腕に行く神経または脊髄が圧迫・刺激を受ける疾患です。

症状は、頚の痛みやコリ、手の痛みやしびれなどがあります。

ひどくなると、腕に力が入りにくい、細かな手の動きがしにくいといった症状が出ることもあります

治療は

『頸椎を支える筋肉の状態を良くする』

 『頸椎の可動性の回復、頚から背中の姿勢を良くする』

ことが大事になってきます。

頚の骨が変形するぐらいですから、当然周りの筋肉も状態が悪くなっています。

そして、筋肉による支える力が弱い、あるいは固くなって動かないことから姿勢の悪化につながり頸椎の変形がさらに進んでしまうのです。

筋肉の状態を良くして、頸椎への負担を減らし、可動性を改善していくことが大事になります。

首の痛み寝違え・ムチウチなど (カテゴリー:首の痛み寝違え・ムチウチなど