変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、様々な原因によって膝関節の軟骨が磨り減ることで関節のクッション性が失われ、骨同士が衝突し炎症が生じる。更に繰り返し衝突することで骨が変形していく疾患です。

明らかな原因のない「原発性」と、外傷やリウマチなどの疾患に後発して起こる「続発性」があり、多くは50歳代から発症し、女性に多い。

主な症状は膝の痛みと水が溜まることです。

初期では動作の開始時に痛み、休むと治まります。正座や階段の上り下りが困難となり、安静時にも痛みが続くようになり、変形が目立ち、膝が伸びず歩行困難となります。

膝の痛み膝関節症など (カテゴリー:膝の痛み膝関節症など