ジャンパー膝

下肢のスポーツ障害の一つで、ジャンプ動作などの繰り返しにより発生する膝蓋靱帯炎及び大腿四頭筋付着部炎の事を言います。

ジャンプ動作の多用により発生する、使いすぎ障害です。

大腿四頭筋の柔軟性の低下が要因の一つで、特に成長期の子供の場合、骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉が常に伸ばされ続ける状態に陥り、その負担が膝蓋骨周辺に蓄積するために起こる障害です。

12~20歳、特に10歳代の男性に多く発症。

大腿の筋肉の柔軟性が重要となるため、日頃からストレッチする習慣をつけ、運動後はアイシングをして筋肉の損傷を最低限に抑えるようにしましょう。

治療は、『大腿の前の筋肉の柔軟性の向上、大腿部の筋肉バランス』が大事になります。

スポーツ障害・外傷(テニス肘・ゴルフ肩など) (カテゴリー:スポーツ障害・外傷(テニス肘・ゴルフ肩など)